ON DEMAND ff

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GRANRODEO 「5TH ANNIVERSARY LIVE AT 武道館~G5 ROCK★SHOW~」@日本武道館・前編

今回は2F上手。
2Fで良かったと思う。

見やすかったし、音もね。
アリーナはドラムが変に反響してたりとかあったみたいでしたけど(2も最初変だったけど)


問題は、抜けの良い2号機のチューニングであるかと。
ちょっとT之くんー?






























We wanna R&R SHOW
Infinite Love
アウトサイダー
tRANCE
DECADENCE
mistake
SEA OF STARS
ネジレタユガミ
Bass solo
Drum 'n Bass
Drum solo
Drum 'n Bass Call & Response
Guitar solo
BRUSH the SCAR LEMON with GR Horns
CANNON★BALL with GR Horns
LAST SMILE "style GR"

~Aco.style~
なんとなく消したストーリー
RIDE ON THE EDGE



カナリヤ
シャニムニ
modern strange cowboy
慟哭ノ雨
ケンゼンな本能
delight song

En.
NOT for SALE
Beautiful world

2nd.En.
Go For It!






We wanna R&R SHOW


まさかのいーづかさんピアノ始まり。
ピアノで始まって、知ってる人かな~?っと双眼鏡(←かなり高性能)で見てみる


『いーづかさんじゃん』


ラジオで『片手でポロポロ』とか言っていた時に、あれ?仕事(アレンジ)で使わないのかなー?って思ったんですよ。

ちゃんと弾けんじゃん。
騙された!!(爆笑)
いーづかさんの話は嘘八百、本音一割未満を忘れていたよ。


正直、ツアー中のラストスマイルよりうm、げふんげふん。


ピアノの旋律もいーづかさんらしい優しいもので。
ちょっとこちらで泣きそうになりました。


拍手し始めたヤツ、ひっぱたきたいけど。




と、思ったら。

ピアノを弾き終えたいーづかさんが持ったギターが


『フライングVキター!!(爆笑)』←


ちょ、ベタすぎるvvvv(爆笑)

初っ端から笑わされました(笑)


たっきはワッシュバーン。
今回はいつもより150が1コ多いアンプ並び。
下段で、410を挟んで置いてました。
上段は全部410。


あ、ちなみにいーづかさんはマーシャル7つ2段積みでした。

1号機の改造は終わったようですが、今回のサブはワッシュバーンでした。

ワッシュバーン久しぶり。
最後に聞いたの野音?


生We wannaを聞いた感想としては、やはりシンプルでカッコイイ。
これ、グルーヴ命な曲すぎる。とか思っていたのですが楽器隊の方はバッチリ(たっきがあちゃーしてましたが)


KISHOWの方も、良かったですよ。
レモンツアーを通った身としては良かった、としか言いようが(笑)

『ちょっとずつ大袈裟に…ライブハウス武道館にようこそ!!』
とシャウトするKISHOWに、自然に応える声が出た。



そうそう、フライングVキライな私ですが、いーづかさんのフライングVは平気でした。

あれだよね。
都内でホタテは食べれないけど、札幌では食べれる。
みたいな。

武道館の為にESPが作った特別仕様。
私の中ではフライングVといえばフェンダーで、話すとちょっと長くなるんですけど。
まあ、何人かフライングV使ってる知り合いとかいるんですけど、なんかフェンダー率が高いんですよね。
で、軽いんですよね、音。
そんで、私フライングV苦手なんですよね。


でも、それとは違って軽くない感じでした。
ピックガードがシルバーのメッキ?って言ってたかな?
とりあえず全部シルバーの金属で(笑)
黒なのに大変派手な機体でしたが、長身のいーづかさんが持つとカッコイいのよねー。




Infinite Love
ちょっと、楽しくなってきたInfinite。
武道館、楽しいじゃん!!と(笑)
しゃいにん!!はお約束で。
フライングVからこげちゃきにお持ち変えー。


アウトサイダー
ちょっと早くない?(笑)
だが、前半デットリストへの入りとしてはベストではないかと。
テンションちょー上がって、ガスガス頭振りましたもん。


KISHOWじゃないけど、確かにこれは何回も使いたくなる魔法の曲だねー(笑)

そして、バンギャとヲタクが共存出来る名曲なのである。

この曲は、本当に、何回聞いても飽きない←含みは、若干



ライブハウス武道館へようこそ!!
というKISHOWのMC

…氷室さんはエラい人なのかそうか(笑)



tRANCE
おいこらべーすー!!!!!!←たっき、ではない点を読んでくれると嬉しいです

入り初っ端崩れ落ちました。
それでも、1番は頭を振っていた私達を、誰か誉めて下さい。

2号機は、抜けがイイ分、全てが筒抜けである(笑…っておこうか)


DECADANCE
リクエストに応えてくれてありがとうございました。

でも、うん。

もう、いいや、ゴメン(笑)


そしてKISHOW。
ドラムの入りで煽るのは良いのだがね。
『爆裂ビート』はなvvいvvvvvv(爆笑)


mistake
SEA OF STARS
私、好きなんだけどなー、mistake。

この辺の2号機タイム、苦笑いタイム。
DECADANCEとか座って聞いてたもんね←押して知るべし。

好きな曲なのにテンションが急降下ってどゆことー?



だが、この曲は面白かったのです。

まず、KISHOWが紫のジュリ扇←最後落とした(笑)


そして、曲ラスト。
星々的海の所に合わせて、フロントマンが揃ったフリ。

機体と共に出たり入ったり背中合わせたり。

センター、上手、ときて、3回目。
たっき、上手から下手へダッシュvvv(爆笑)

かわいかったでーすvv(笑)

コレも、たっき原案だったらどうしようvv←かわいいおしりの尻はたっき原案で
ある


ネジレタユガミ
Ba.チェンジ。

ワッシュバーンなんか違うー。
武道館だからかなー。
めちゃくちゃときめく音だなー。



とか思ってて。

双眼鏡で見たいなーって思って見たらイスになくて。
Kはが持ってて←※私の双眼鏡のが高性能なので(笑)

なんてこったい、と思っていたら


『フレットレスだよ』




なんだってえええええええええええええええええええええええええええええええ
ええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
えええええええええええええええええええええええええ!!?




あ、ホントだ。

ワッシュバーンとおんなじシールに、ネックの先に青いのが付いてる機体。
よーく見ると、フレットが、な、い。




なんてこったああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああ




フレットレス聞きたいなーvvとか言ってたら、まさか。
やっぱりたっき優しすぎる。
でれでれでれでれでれでれでれでれでれでれでれでれでれでれでれでれ(以下略



たっきしゅきー!!!!←公演後、外のカメラにやった。


ていうか、可愛くっていうカメラマン'sのリクエストに応えて、最後に『たっき
しゅきー!!』『いーづかさんしゅきー!!』とかって言ってたら、カメラマンの方


『あの、GRANRODEO、に、でお願い出来ませんか…ね?(笑)』
う『たっきはダメなんですか』←真顔


ちゃんと、GRANRODEOver.もやりましたけどねー。



話が逸れた。

ネジレタユガミは3回目。
フレットレス、合う。
滑らかに蹂躙される感じが、ネジレタユガミの世界観にハマる。

ヤバいたまんない。


あと、いーづかさんがめちゃんこコーラス熱唱してた。
これは良いいーづかさんである。
ソロも良かったのである。
ためる人すきー。



と、たっきBa.にうっとりの流れでBa.Soloキター!!




ま さ か の ク ラ シ ッ ク 。

サン=サーンスの白鳥。


コルダファンならご存知、志水きゅんのチェロ曲である。
題名出てこなくて、なんだっけ、コルダの曲!!みたいな←

お家(Kは宅)帰ってYouTubeで確認しました。
たっき、至らないファンで申し訳ない。


まぁ、コルダ知らなくとも有名な曲なのでね(笑)


ああもう、流石フレットレス。
クラシック向。
柔らかくて優しい音色。
それでいてキレイな音。
圧倒的。
もう、泣きそうになりました。

泣いたら勿体無いので双眼鏡でこらえてガン見しましたけど(笑)


最初に聞いたたっきのイメージに近いのかな。

超優雅な白鳥だった。
のくせ、ちょっと可愛い白鳥に感じるのは、あの頃よりたっきを少しだけでも知
ったからでしょうか?




そんな感じでほわー…、となっていたら、ちょっとファンキーな感じのBa.'n Dr.


可愛い感じっていうか、パパたっきな感じ(笑)


Dr.Solo
後半の高速2バス連打、超良かったっす。
びっくりした。
私の好きなVALさんに戻ってくれてきた。
大概、私もミーハーだなぁ…。←上手い人ならなんでも好き、みたいな



でBa.'n Dr.+Call&Respons
スラップの、へいっ!!ってヤツ。

どんどん高速になってくのvvvvv(爆笑)

ちょーきゃっきゃしたvvvvvvvv
スラップ気持ち悪いvvvvvvvvvvvv←ほめてます



そのまま流れでGu.Solo
後ろに弦のSE入りで、どこの2HEARTSが始まったのかとvvvv(爆笑)

衣装の上着がPVの皇帝陛下(ナポレオン的な)だったので、これまた。


途中でギタートラブルってことなんだけど。

どうやら、ペグが本体ごと取れちゃったようで。

その後なんか色々大変だったみたいなんだけど。




ごめん、正直、今ツアートラブル多すぎて、トラブル気にならんかった。

下手に向かういーづかさんが、ストラップ外してて、ふらーんって歩いてたいーづかさんが、ギター割らないか期待した←(爆)

ていうか、ギター投げたいーづかさんにとvvきvvめvvいvvたvvvv(爆笑)





結構Soloいっぱいやってましたね。
やりたい放題(笑)
見てて楽しかったです。

セッションもなんか1曲やるかなー?って途中思ったんだけど(VALさん最初いたから)
流石に長くなっちゃうから止めたのかなー?


楽しいの、マイノリティだしね。
しょぼん。




Brush the Scar Lemon
ボイパのSEでステップ(のようなもの)を踏みながら降りてKISHOW。

KISHOWも上だけ皇帝陛下。
だが、KISHOWはマイケルちっく(笑)
くるくる回ったりステップ踏んでるのもそんな感じ。
KISHOWのはショートジャケットだった。

上手のステージ上段でスモークに囲まれたので、引●天功みたいにいーづかさん
にチェンジしないかな、とちょっと期待しました。
ならなかった←


GR horns有り
前回のメンバーとはチェンジ。
フッシー…。


いや、今回の方達も良かったんですけど、ね。


CANON★BALL
そのままhorns有り

Hey!に合わせて大砲が鳴ったりしたんだけど。
2発不発(笑)

そして、気付いたらたっきいなかった気がするんだがvvvvvv(爆笑)

逃げたのか?逃げたのか??(笑)


LAST SMILE

火薬くせぇ!!

いーづかさん、ビックリしたよー。
というKISHOWに

e『オレはトラブったのがビックリしたよ』

ごめ、そんな引き摺るとはvvvvvvvvv






~Aco.style~

なんとなく消したストーリー


KISHOW、KISHOW。

なんとなく消したのAco.は札幌でやってるよvvvv



なんかねー。


いーづかさん、超練習したんだなーって、じんわり。

ギターもそうなんだけど。
いつも適当にしか入ってないコーラス(ぁ)がねー。




e『去らないの?』

袖から、カホンが運ばれて来た瞬間、先走る私(笑)

Aco.style飽きたーせめて4人でやってーもだもだ。
とか言っていたのですよね、私。


K『今日はせっかくなので、新たなる試みを』


しゅうごーう、と言われて、たっきとVALさん~。
花束を持って出てきました。



た『5周年おめでとうー』
い『イスに引っかかっちゃって、大変な事になってるんだけど。』
た『お前ってば(笑)』笑←
い『オレって本当にダメだね!!』←爆笑

い『両手で持っているからどうする事も出来ない!!もー!!』←爆笑

たっきといーづかさんは、やっぱり仲良し
助けたのはVALさんだけど(笑)




い『VALさん、瀧田さんのおかげだけど、自分達で買ってきてないところがミソ』
た『買ってきました!!』←爆笑

アリーナ半分いーづか家←笑
アリーナ残りがたにやま家
い『1Fが長井家で。3Fが瀧田家(笑)』
た『3Fないから!(笑)』



たっきの楽器
た『ただのベース?』←笑
K『ただのベース??』←マジクエスチョンvv(笑)
た『アコベ』
い『アコースティックベース』←ケンゼンなロック講座出張板(笑)
K『あんまり見ない楽器ですね』


い『じゃあKISHOW、この楽器何て言うか知ってる?』←VALさんの方を指して
K『…うーん。ハコ(笑)』


うわ『アホかー!!』
こは『帰れ!!』

言うと思った。
もしくはイスか(笑)

KISHOWもボケたかったんですかね?(笑)
もしくは粗大ゴミ、と。

い『これ、カホン』(果報、のイントネーション、頭にアクセント)
(K)カホン、(い)カホン、(い)果報
と連呼する2人に

た『カホンじゃないの?』(ホ、にイントネーション)
い『どっちだっていいんだよ!!』


たっきといーづかさんはなかよし(笑)


私もホにイントネーション…ていうか、カホーン、かな?




あ、Googleせんせーで検索した所。

スペイン語で箱っていう意味らしいです。
ごめんねKISHOWvv



たっきもコーラスに入るので、ほわわわわ~vvって感じ。


肝心のボトムスの演奏は。


ちょっと可愛らしい感じでvv(笑)


VALさんは始めたばっかりだよね?
前に聞いたら、持ってないって言ってたっけ。




たっきも買ったばっかなのかなー?
人に言えないベースだったのかなー?(笑)


4弦に減ってるのに、逆にぎこちないというか。
指足らなそうにしているというか(笑)


まぁ、いーづかさんのベースよりは…ねぇvv(爆笑)



2番
た『全部偽善者だよ なんつって』
V『分かってんだよ なんつって』
い『大人ぶって いてもちょっと』←後半アレンジかました


い『すすぃ~●×△~!!』←間違えて音ぐだぐだvv
K『寂しいんじゃないの~?』←つられて上ハモボロボロvv

←つられて全員演奏もぐだぐだvvvvvvvv(爆笑)



やりきれないヤツらvv
これでこそGRANRODEOである(笑)




カナリヤ
シャニムニ
modern strange cowboy
なんでもかんでもwwwwwwと思った人もいるはず(笑)



delight song
本編最後がコレ。

みんなの戸惑いの空気が伝わってきた(笑)が。

私は、コレが最後で良かったと思う。
コレが発売された時に、ついに来たか、と思った。
しかも10枚目のシングルで。



どのバンドにも、最後らしいお決まりの曲を持っていて。
それがバラードだったり、ハードバラードだったり。


あー、と、対バン持ち5曲のラスト、とかって事なんだけど。
だから、V-ROCKで『ラストInfiniteかよ!!』ってなったんだけど(笑)


GRANRODEOにはそれがなくて、座りが悪いなーってのがあって。
で、delightが発売された時に
『ようやっと、か』
となったのです。



ROCK BANDとして、この流れは自然で。
セトリにonceを入れなかったのを見ても思うんだけど、GRANRODEOは、ただの、ROCK
BAND
なんですよアピールなのかな、と。

KISHOWのMCにもあったけど。

男性声優として初めてってのも快挙なんだけど、それよりも、GRANRODEOのKISHOW
として、ここに立てて嬉しい、と。



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。